訪問看護師の転職先の探し方をご紹介します!

"訪問看護認定看護師"が語る!訪問看護の世界
増え続ける在宅看護 訪問看護のスペシャリスト!

応募先の探し方

応募先の探し方

訪問先に行くのは一人なのか二人なのか

訪問看護師への転職を成功させるために、勤務先の詳しい情報を知ることは重要です。そのチェックポイントをいくつか挙げていきましょう。まずは勤務体制についてです。例えば訪問先に一人で向かうのか、二人体制なのかは重要です。一人で訪問するシステムの場合は患者さんの様態が急変した場合にも、的確な判断を自分一人で行う必要があります。この場合は新人に対する研修や、先輩からのサポートがあるかどうかなどを調べておく必要があるでしょう。自信のない場合は二人体制の職場を探して選んだ方がよいでしょう。また訪問時の交通手段についてもきちんと確認をとっておく必要があります。当然ですが自動車で訪問するのが前提の事業所の場合自動車免許が必要になります。この場合でも自分のクルマで訪問するのか事業所が用意したクルマで移動するのかも気になります。更にガソリン代は支給されるのかも働き続けるうえで大きな問題ですのできちんと調べておくべきです。

訪問者数はどのくらいか

また一日にどのくらいの訪問先にむかうのかも知っておきたいポイントです。働く予定の事業所に何人の訪問看護師が所属をしているのか、担当している件数は何軒なのかを知っておくと、自分がどのくらいの患者さんを担当することになるのかがわかりやすくなります。これに関係する問題として、固定給なのか歩合給なのかが、とても大切になります。歩合給の場合は得に知りたいことが多くなります。なぜなら郊外の勤務地などで、担当する患者さんに行くまでの時間が多くかかり、件数をあまりこなせない場合があります。件数で歩合給が払われると、移動時間が給与に反映されないので収入が労力の割に低くなってしまうのです。逆に訪問先にすぐに行ける職場の場合は高収入になって、固定給よりも給与がいい場合もあります。

「看護のお仕事」を利用する

訪問看護師として転職するためには、転職先の勤務体系など知りたいことがたくさんあります。しかし自分の力で調べるのには限界があるでしょう。そこで看護師転職サイト「看護のお仕事」のサポートを受けることをおすすめします。看護のお仕事は、訪問看護師の職場の情報を多く持っているので、希望の職場がみつかるまで、徹底して探してくれると評判です。また転職の際に、新しい職場と本人に代わって交渉をしてくれるので、言い出しにくい給料の話を聞いてくれるだけでなく、値段交渉までしてくれます。また転職が成功した時に、転職支援金として12万円まで支給してくれます。転職の際に何かとお金が必要となるので助かります。

看護のお仕事
看護師の転職なら看護のお仕事

「介看転職キャッチ」を利用する

介護転職キャッチも転職が成功した際に転職ボーナスというお祝い金が支給されます。求人先からの受け取った手数料の一部を、転職成功者に還元をするというサービスです。また看護師を続けながら、転職先を探すことも可能だといいます。介護転職キャッチのスタッフにまず転職先に希望することを伝えます。そして自分は仕事に専念、その間に介護転職キャッチのスタッフが転職先を探してくれますので、仕事ができない空白期間がなくなり、経済的にも助かります。経験豊かなアドバイザーがサポートしてくれるので安心だと言う声が多く聞かれています。

介護転職キャッチ
看護師の転職なら介看転職キャッチ

善は急げ!

好条件の求人は人気があるためすぐに募集が終了するものも少なくありません。また、上記でご紹介したような転職サイトには非公開求人というのもたくさんあります。まずは、複数の転職サイトに登録して多くの求人情報を紹介してもらうことが転職を成功させるポイントになります。

読んで欲しい!管理人イチオシ記事

  • 訪問看護師の需要

    訪問看護師の需要

    医療業界で極めて人材が不足している訪問看護師。当然、求人はたくさんあります。選ぶことが可能なら「良質な求人の探しのコツ」は絶対押さえたいポイント!そんな転職に役立つ情報が欲しい方にオススメの記事です♪
  • 訪問看護師のお仕事

    訪問看護師のお仕事

    訪問看護の基礎知識を知りたいならココ!訪問看護師がどんなことを行っているのか、どんな人たちと協力しているのかについてまとめています。業務全体のイメージを掴みやすいように、1日の流れにも触れています。
  • 訪問看護師と切っても切れない介護のお話

    訪問看護師と切っても切れない介護のお話

    「訪問看護」と「訪問介護」の違い、あなたはわかりますか?ここでは「在宅サポートの仕事」という同じ役目を果たすそれぞれの職種ごとの違いをハッキリさせています。在宅医療の世界について広く学びましょう。