似て非なる関係!「訪問看護」と「訪問介護」の違いを徹底究明!

"訪問看護認定看護師"が語る!訪問看護の世界
増え続ける在宅看護 訪問看護のスペシャリスト!

訪問看護師と切っても切れない介護のお話

訪問看護師と切っても切れない介護のお話

訪問看護と訪問介護の違いとは?

「訪問看護」と「訪問介護」。自宅を訪問して生活をサポートするという点でイメージが重なる両者の違いとは一体なんでしょう?
両者の大きな違いは医療行為ができるかどうかです!訪問看護師の目的は、看護ケアを行いながら利用者さんの療養生活を手助けすること。かかりつけの医師の指示があれば、利用者さんに対して医療処置を施すことができます。
一方訪問介護士の目的は、利用者さんの日常生活をサポートすること。看護師と異なる点は、洗濯・掃除・食事づくりなど家事全般を行えることです。入浴・体位変換・食事介助では看護師と共通していますが、血圧測定・床ずれの手当といった医学的アプローチを行うことはできません。一言でいえば看護師は「医療を備えた日常サポート」、介護士は「日常動作や家事を手伝う自立サポート」です。

訪問介護士の主な仕事内容

訪問看護師と関わりが深い訪問介護士(ホームヘルパー)の仕事内容についてわかりやすく説明します。訪問介護サービスには、「身体介護」と「生活援助」の2種類があります。それぞれ提供可能なサービスをまとめるとこのようになります。

可能業務\訪問介護種類 身体介護 生活援助
体位変換 ×
清拭業務・入浴介助 ×
掃除・洗濯 ×
食事調理 ×
食事介助 ×
必需品の買出し ×

「身体介護」の主な仕事は入浴・日常動作といった身の回りのサポートです。それに対し「生活援助」では掃除・洗濯・食事作り・必需品の買い物などの家事全般をメインに行っています。

訪問看護師or訪問介護士で迷っている方へ

「限られた生涯で、自分が好きな場所で大切な人たちと余生を過ごしたい」
訪問看護師・介護士は、そんな幸せな日常を願う人たちの力になれる意義深いお仕事です。
在宅生活のサポートに興味がある方の中には、看護師と介護士のどちらの道を選ぶかで迷っている人が少なからずいるかと思います。
そんな方のためにそれぞれの職種の役割、仕事からなにを感じられるかを書き出してみました。
【訪問看護師】
<役割>利用者さんとご家族に密着したサポートと医療ケア、そして医師と利用者さんの橋渡しを行う。
<仕事から感じられること>訪問看護師はみんな看護スキルが高いだけでなく他職種の人とも関わることが多いため、刺激を受けてかなり勉強になる。医療面・メンタル面でのトータルケアを提供できることで相手に大きな影響を与えられる。
【訪問介護士】
<役割>利用者さんの日常生活を手助けしてその人らしい自立した生活を支援する。
<仕事から感じられること>毎日のサポートで、利用者さんの生活が向上するのを目にすることができる。自立を助けることで、利用者さん・ご家族に大変感謝される。
ぴったりな天職を見つけるために、ぜひ参考にしてみてくださいね!

読んで欲しい!管理人イチオシ記事

  • 訪問看護師の需要

    訪問看護師の需要

    医療業界で極めて人材が不足している訪問看護師。当然、求人はたくさんあります。選ぶことが可能なら「良質な求人の探しのコツ」は絶対押さえたいポイント!そんな転職に役立つ情報が欲しい方にオススメの記事です♪
  • 訪問看護師のお仕事

    訪問看護師のお仕事

    訪問看護の基礎知識を知りたいならココ!訪問看護師がどんなことを行っているのか、どんな人たちと協力しているのかについてまとめています。業務全体のイメージを掴みやすいように、1日の流れにも触れています。
  • 訪問看護師と切っても切れない介護のお話

    訪問看護師と切っても切れない介護のお話

    「訪問看護」と「訪問介護」の違い、あなたはわかりますか?ここでは「在宅サポートの仕事」という同じ役目を果たすそれぞれの職種ごとの違いをハッキリさせています。在宅医療の世界について広く学びましょう。